25歳で転職に挑む!キャリアアップを目指そう

*

25歳が転職するための5つの流れ

 ちょうど25歳くらいの若い転職希望者にありがちなのが、何も知らないままに活動を始め、自滅してしまうケースです。20代半ばは転職市場ではとても微妙な年代。そうした不安な要素を補うのが、堅実な活動と、「転職」というものを知ることなのです。

就職・転職準備について

 社会人としての経験が30代以降の転職者と比べると格段に少ない分、自己分析をしても出てくるのは己の気持ちばかり、という人も少なくないでしょう。それも大事にしたいですが、足りない経験を直視し、その上で進みたい道と進むべき道を定めておくと良い転職準備ができると思います。

【参考記事】
25歳の転職は自己分析から
転職の目的を決める
25歳の転職活動期間
25歳で知らないのはマズイ?体調管理の重要性と基本的な健康法
在職中と退職後の利点・欠点を知り、転職活動に最適なのはどちらかを決めてください

求人情報について

 応募できる求人が多いだけに、注意して選ばないとブラック企業に捕まるなどしてしまいます。ここでも進みたい道と進むべき道を確認しながら、一瞬の欲や雰囲気だけで自分に合ってもいない求人に飛びつくのだけは避けなければなりません。

【参考記事】
ハローワークの若年者向けサービス
25歳と転職エージェント
ブラック企業を避けるためには

履歴書や職務経歴書について

 他の人とは少し違うと思わせるような履歴書や職務経歴書でないと、書類審査を突破するのは難しいでしょう。ということを知っている若い人がしてしまいがちなのが、奇を衒った応募書類です。これもNG。企業に有益であるかどうか、これをイメージしながら他者との差別化を図りましょう。

【参考記事】
履歴書と職務経歴書の違い
25歳が書くべき志望動機
職務経歴書のフォーマットの選び方

面接について

 25歳の転職希望者が自滅してしまう最大の理由は、どうしてその年齢で転職なのかを面接で上手く説明できない点にあります。忍耐力がない、飽きっぽい、夢を抱きすぎている。こんな風に思われないような工夫をし、面接対策を組み立てていく必要があるでしょう。

【関連記事】
面接の自己紹介について
面接での長所・短所の話し方
25歳は面接対策をしっかりと

退職・入社準備について

 若い人は退職もあまり上手くはないようです。バイトと同じような感覚で辞めるのは避けましょう。最低でも2〜3ヶ月ほどの余裕を見て退職活動をしなければ会社も困ってしまいます。入社準備も時間をかけて行うことで、新たな環境にマッチしやすくなるのではないでしょうか。

【参考記事】
上司に退職の理由をどう伝えるか
退職手続きの進め方
25歳の途中入社の注意点
退職する前にまとめて有給とってもいいのか迷っているんですが・・・?!
25歳の転職と試用期間のこと
若くして転職した人が意識すべき入社後の注意点

公開日:
最終更新日:2016/05/12