25歳で転職に挑む!キャリアアップを目指そう

*

25歳は面接対策をしっかりと

   

応募書類は控えを取り、前日に読み返す

 希望の転職を実現するためには、応募企業を厳選し、しっかり企業研究を行ったうえで、会社ごとに応募書類に手を加えるのがセオリーです。だからこそ、必ず応募書類の控えをとり、面接前日に読み返すことで、志望動機と自分のアピールポイントを、再確認する必要があります。

 それと同時に、応募企業のホームページを読み返し、企業理念や事業ビジョンをチェックしておくことも大切です。応募者多数の求人の場合、面接官は、どの程度自社について調べたかを、確かめる質問をしてきます。

 その際に困らないように、しっかり企業情報を復習しておきましょう。

逆質問も用意しておく

 面接の終わりが近づくと、面接官は「何か質問はありますか?」と、問いかけます。これは、逆質問というもので、応募者が企業に対して持っている疑問や質問に答えるためのものです。

 ですが、逆質問を促されたときに、勤務条件や給与額などを質問するのは、マナー違反とされています。「自分が入社するにあたって、どんなスキルを身に付けておくべきか」など、自己アピールにつながる逆質問を、複数用意しておきましょう。

 言うまでもありませんが、企業のホームページに書かれていることは、絶対に質問してはいけません。

【関連記事】
面接の自己紹介について
面接での長所・短所の話し方

 - 面接

  関連記事

面接での長所・短所の話し方

25歳の長所の伝え方  面接で長所や短所について質問されるのは、入社後に業務に支 …

面接の自己紹介について

転職面接の自己紹介の仕方  転職のための面接は、自己紹介から始まります。自己紹介 …