25歳で転職に挑む!キャリアアップを目指そう

*

25歳が書くべき志望動機

   

なぜ応募企業なのかをきちんと書く

 25歳で転職活動を行う場合、同時に複数の企業に応募することは十分にありえます。ですが、履歴書に書かれた志望動機がすべて同じだとしたら、なかなか面接まで駒は進められないはずです。

 というのも、企業の採用担当者は、履歴書の志望動機欄から「なぜ当社に入社したいのか」という、明確な理由を読み取ろうとします。つまり、応募企業に合わせて、企業研究をきちんとしたうえで、必ず書き換えなければならない欄なのです。

 学歴や職歴が募集職種とマッチしていても、志望動機に説得力がなければ意味がないことを、しっかり覚えておきましょう。

入社後のキャリアを書くという方法も

 企業の採用担当者の目にとまる志望動機を書きたいのなら、自分がどんなキャリアビジョンを持っていて、それを実現するために、入社後にどのような仕事がしたいのかを具体的に語ったり、自分が持つスキルを活かして、将来応募企業にどんな貢献ができるようになりたいのかを書くなど、入社後をイメージした内容を記載するという方法もあります。

 いずれにせよ、きちんと企業研究を行い、採用ニーズを把握したうえで、自分のアピールポイントと重ね合わせる作業が必要です。

【関連記事】
履歴書と職務経歴書の違い
職務経歴書のフォーマットの選び方

 - 履歴書・職務経歴書

  関連記事

職務経歴書のフォーマットの選び方

職務経歴書のフォーマットについて  職務経歴書は、「年代方式」「逆年代方式」「キ …

履歴書と職務経歴書の違い

履歴書に書くべきこと  応募書類の中でも履歴書は、応募者の個人情報と、これまでの …