25歳で転職に挑む!キャリアアップを目指そう

*

若くして転職した人が意識すべき入社後の注意点

   

転職先に合わせましょう

 転職者が意識しなければならない最大の入社後の注意点は、「転職先に合わせること」ではないでしょうか。

 転職先には必ず規則があります。就業規則もそうですし不文律もそうでしょう。人間関係や、それぞれの人の立場・ポジションといったものもそうです。そうしたあらゆるものに合わせることができなければ、“よそ者”というレッテルが剥がれることはなかなかありません。

 転職先にとことん合わせましょう。特に入社してから半年ほどは、徹底して転職先に合わせること。そうすれば大きなトラブルも諍いもなく、いつの間にか当たり前のようにそこに存在している、そんな風になれるのではないでしょうか。

従業員同士を繋ぐ挨拶と些細な会話

 入社後は、他の従業員に積極的に挨拶をすることを心がけ、また、些細な会話にもできるだけ参加することを心がけてみましょう。

 挨拶は1日の始まりと終わりに欠かせないもの。特に日本人はこれを重視しますから、絶対に疎かにしてはいけません。誰かから挨拶されるのを待つのではなく、あなたから挨拶を交わすことを心がけることも重要です。「おはようございます」や「お疲れ様でした」だけではなく、その前後に何かしらの言葉を加え、さらに距離を縮めるように心がけてください。

 喫煙所やトイレでの、あるいは昼休みや始業前後の些細な会話にも耳を傾け、自分のこともそこでしっかりと喋る、こうした行為をさりげなくできるようになれば、これも職場に馴染むことに繋がるでしょう。

 こうしたことの積み重ねが入社後にはとても大事。注意点として覚えておいてください。

一生懸命な姿を見せましょう

 仕事に一生懸命に打ち込む姿、これを見せることも入社後には意識しておきたいところ。

 一生懸命そうに見えて、実は中身は空っぽ。これでは意味がありませんから、行動とそこから生まれる結果はできるだけリンクしていなければいけませんが、一生懸命さが見られない人はあまり慕われることがないのも事実。

 特に25歳と若くして転職するのであれば、とにかくがむしゃらに働く姿を見せておく必要があるでしょう。失敗したとしても、その一生懸命さが伝われば案外事なきを得やすくなるものです。

【関連記事】
上司に退職の理由をどう伝えるか
退職手続きの進め方
25歳の途中入社の注意点
退職する前にまとめて有給とってもいいのか迷っているんですが・・・?!
25歳の転職と試用期間のこと

 - 退職・入社

  関連記事

25歳の転職と試用期間のこと

試用期間とは何か  試用期間とは、企業が長期雇用を前提として採用した社員のスキル …

退職手続きの進め方

業務の引き継ぎについて  退職手続きの中には、業務の引き継ぎも含まれます。自分が …

退職する前にまとめて有給とってもいいのか迷っているんですが・・・?!

 転職活動が報われて転職先が内定しほっと一安心。しかし在職中の会社を退職しなけれ …

25歳の途中入社の注意点

25歳も新入社員と同じ  25歳で転職する場合、入社した会社に、自分より年下の先 …

上司に退職の理由をどう伝えるか

退職の理由はまず直属の上司に伝える  転職のために退職を決意したら、一番最初に話 …