25歳で転職に挑む!キャリアアップを目指そう

*

上司に退職の理由をどう伝えるか

      2016/05/12

退職の理由はまず直属の上司に伝える

 転職のために退職を決意したら、一番最初に話すべき相手は、直属の上司です。就業規則には、退職日の一定期間前に、会社に届書を提出するように書かれていると思いますが、これは手続き上のことであって、慣例は異なります。

 まずは相談という形で、直属の上司に、退職の意向を伝えます。その際に、退職の理由を聞かれますので、きちんと考えてから話をしに行きましょう。

25歳の退職の理由

 もし、あなたの退職の理由が、キャリアチェンジのための転職なら、「自分が本当にやりたい仕事が見つかったので、チャレンジしてみたい」と、素直に告げて良いと思います。その際、どうしてその仕事に興味を持ったのか、その仕事を一生続けていきたいという熱意を伝えれば、最初は慰留していた上司も、きっと最後は応援してくれるはずです。

 ですが、現職への不満が退職の理由の場合は、本音で語ることは、マイナスにしか作用しません。「一身上の都合で」「家庭の事情で」など、差しさわりのない理由を、上司が納得するまで言い続けてください。

 具体的なことを聞かれたら、「プライベートなことなので、話したくありません。申し訳ありません」と言えば、深く詮索されることもないはずです。

【関連記事】
退職手続きの進め方
25歳の途中入社の注意点
退職する前にまとめて有給とってもいいのか迷っているんですが・・・?!
25歳の転職と試用期間のこと
若くして転職した人が意識すべき入社後の注意点

 - 退職・入社

  関連記事

25歳の途中入社の注意点

25歳も新入社員と同じ  25歳で転職する場合、入社した会社に、自分より年下の先 …

退職手続きの進め方

業務の引き継ぎについて  退職手続きの中には、業務の引き継ぎも含まれます。自分が …

若くして転職した人が意識すべき入社後の注意点

転職先に合わせましょう  転職者が意識しなければならない最大の入社後の注意点は、 …

25歳の転職と試用期間のこと

試用期間とは何か  試用期間とは、企業が長期雇用を前提として採用した社員のスキル …

退職する前にまとめて有給とってもいいのか迷っているんですが・・・?!

 転職活動が報われて転職先が内定しほっと一安心。しかし在職中の会社を退職しなけれ …