25歳で転職に挑む!キャリアアップを目指そう

*

ブラック企業を避けるためには

   

ブラック企業とは何か

 ブラック企業とは、労働者を酷使し、使い捨てにする企業のことを指します。常識の範囲を超えた長時間労働やノルマを労働者に与え、それに耐え抜いたものだけを選んで上に引き上げ、落伍者を戦略的に自主退社へ追い込む企業が、これにあたります。

 25歳で転職をするからには、こうしたブラック企業に応募することがないよう、しっかり自衛しなければなりません。求人票を読み込み、企業研究をしっかり行うことで、ブラック企業を見極めましょう。 

ブラック企業の見分け方

 ぶらっき企業を見分ける基本としては、転職サイトやハローワークで、常に大量採用している企業か否かというものがあります。いつも求人募集をしているということは、それだけ退職者がいることにほかなりませんから、応募に関しては注意が必要です。

 また、企業研究をしたときに、新卒者の3年以内の離職率が30%を超えていたり、過去に過労死あるいは過労自殺した社員がいる、入社後に短期間で管理職登用される、残業代が固定されている、求人広告や説明会の内容がしょっちゅう変わる会社は、ブラック企業である可能性が高いです。

 応募するか否か、慎重に検討しましょう。

【関連記事】
ハローワークの若年者向けサービス
25歳と転職エージェント

 - 求人情報

  関連記事

no image
25歳と転職エージェント

転職エージェントの仕事  転職エージェントは正式名称を人材紹介会社といい、企業か …

ハローワークの若年者向けサービス

厚生労働省が推進する若者支援  厚生労働省は、主に45歳未満の若年者を対象に、正 …