25歳で転職に挑む!キャリアアップを目指そう

*

ハローワークの若年者向けサービス

   

厚生労働省が推進する若者支援

 厚生労働省は、主に45歳未満の若年者を対象に、正社員雇用を促進すべく、全国各地に「わかものハローワーク」「わかもの支援窓口」「わかもの支援コーナー」を設置しました。登録すると、専任の担当者がつき、適職探しや転職への不安といった悩みの相談から、登録者一人ひとりのキャリアプランの作成、求人の紹介、応募書類の添削、模擬面接とアドバイスなど、きめ細かくサポートしてくれます。

 その対象は、既卒者やフリーター、ニートに留まらず、第二新卒も含まれます。自分の適職がわからなかったり、キャリアビジョンを描けていないひとこそ、一度足を運んで、相談してみることをおすすめします。

スキルアップにつながるサービスも提供

 「わかものハローワーク」では、正社員雇用で少しでも有利になるよう、若年者のスキルアップ講座やセミナーを開催しています。予約制にはなりますが、無料でさまざまなスキルや資格を身に付けることができるので、希望する職種によっては、積極的に活用すべきでしょう。

 また、求職者が内定して終わりではなく、就職後に働き続けているかどうかをフォローする、若者の定着支援を行っています。こうしたサービスは、行政ならではと言えるでしょう。

【関連記事】
25歳と転職エージェント
ブラック企業を避けるためには

 - 求人情報

  関連記事

no image
25歳と転職エージェント

転職エージェントの仕事  転職エージェントは正式名称を人材紹介会社といい、企業か …

ブラック企業を避けるためには

ブラック企業とは何か  ブラック企業とは、労働者を酷使し、使い捨てにする企業のこ …